Evolve days

バイオ系研究員の日常

アラサー初マタ生活③〜出生前診断〜

メグです。前回の記事はこちら。

evolvedays.net

 

今回は2つの出生前診断について記していきます。

つわりが始まったら(つわり来なかったけど)判断力が鈍ると思い、妊娠5-6週の頃に夫と相談して出生前診断を受ける」「結果がこうだったらこうする」というフローを確定させました。

結局異常は見つからなかったのですが、気軽に受けてはいけない検査である以上、検査後にフローをあらかじめ決めておくのはメンタルを保つためにも大切だと思います。

 

10週、出生前診断その①NIPT

8週ごろに予約して、出生前診断NIPTを受けました。

これは妊娠前から決めていました。コウノドリ(ドラマ)の出生前診断の回を見てNIPTを知り、さらにリアルなドキュメンタリーや新聞記事なども複数読んで決断しました。

※全て妊娠前に見ました。妊娠初期は精神衛生上見ない方が良いと思います。

 

産院には特に相談や紹介はしてもらわず、自分たちで施設を調べました。

NIPTは血液中の胎児DNA断片を増幅して解析することで染色体の検査を行います。

予算はおおよそ15万円〜25万円のレンジが多い印象です。

NIPTを受けられる病院(またはクリニック、検査機関)には認証施設非認証施設があります。それぞれの違いについては、各施設のWebなどを参照してもらった方が確実なのでここではまとめません。

(個人的な感想ですが、非認証施設は広告がすごくて少し気が滅入ります。妊娠後期に差し掛かる現在、同じようなげんなりを臍帯血保存機関に対して感じています...)

当初、NIPTを非認証施設Aで受ける予定で一度予約もしましたが、再度調べていくうちに認証施設Bが良いなと考え直し、Bで検査を行いました。

 

【非認証施設A】

  • 3つの染色体異常 (21,18,13トリソミー)に加え、他の染色体異常も調べられる
  • 性別がわかる
  • illumina社の子会社の検査機関で検査する
    • 検体を海外へ輸出するので検体破損リスクはあり・時間がかかる
  • 事前カウンセリングが集団
  • 施設が医師常駐ではない
  • 染色体異常があった場合、その先の羊水検査はしてくれない

そうです。職業柄シーケンサー業界には詳しいので、業者を選ぶ際にひたすら検査プロトコルを比較していました(おそらく相当珍しいタイプですね)。

illumina社は次世代シーケンサーの会社です。NIPTのマーケット情報を調べてみると、illumina社が市場のメインプレーヤーであることが分かりましたので、illumina社のプロトコルを忠実に遂行している業者を探しました。つまり、NIPTの検体を取ってくれる受付窓口よりも、その検体がどこで検査されるのか・検査機関を重視していました。

施設Aでの検査をやめたのは、以下の理由です。

  • 21, 18, 13以外の染色体異常がわかったところでどうしようもない...
    • 検査したことのある検体数も少なく、 偽陽性の割合が高かった(統計を調べて確認しました)→それでリスクのある羊水検査に進むのか??
  • 直前になって集団カウンセリングが嫌になった
  • 施設Bの方が10万円近く安いことがわかった

カウンセリング前のキャンセル料は無料でしたので、キャンセルしてすぐに施設Bを予約しました。

【認証施設B】

  • 認証なので、21, 18, 13トリソミーのみの診断
  • 医師がカウンセリング
  • 異常があった場合、羊水検査までカウンセリングと金銭面のサポートあり
  • 国内検査機関に委託
    • 結果が2-3日で出る
  • 安い(約10万円でした)

安いのが驚きでした。同じく認証施設であっても、20万円近くする施設が多かったため、まさか認証で10万円で受けられるとは。

問題のプロトコルですが、Bが委託している検査機関もilluminaのシーケンサーを使っているようでしたので、まあいいかということでBにしました。

NIPTの結果異常はありませんでしたので、21, 18, 13トリソミーはないということはほぼ確定。他の遺伝子疾患はあるかもしれません。

 

13週、出生前診断その②初期胎児スクリーニング

初期の胎児スクリーニングもしました。胎児エコー専門の先生に見てもらえます。

NIPTを行った施設Bでも割安で行えたのですが、NIPTよりも先に別の総合病院Cで予約していたので少し割高に。こちらは5万円程度でした。

(それでも当初はNIPTに20万円払う予定だったので少し節約できたかな...)

これは、遺伝子の異常に関わらず先天的な異常を早くから発見できる検査です。妊娠してから知った出生前診断なのですが、職業柄催奇性物質や有機溶媒を扱ってきたので、知った瞬間受けると決めました。

あとは産院での検査の付き添いが全面NGで夫にエコー動画を見せる機会が一切なかったので、これが最初で最後かもなと思い記念に行くことにしました。

このスクリーニングは13週-14週くらいがちょうど良いみたいです。実際、この辺りの週数を過ぎるとエコー画面には赤ちゃん全体が映らなくなり、何が何だかわからない画像を毎回渡されるようになったので笑、一緒に見られて良かったと思います。

検査内容は、首のむくみ(NIPT受けてるから問題ないと思うけど。という前置き付きでした)、臓器がちゃんとあるか、心臓と胃の位置は正常か、骨が正常か、心臓に4つ部屋があって血流が正常か、などなど。こちらの検査でも特に異常はなし。

 

 

以上、二つの出生前診断を受けての振り返り感想です。

  • 特にリスクのない妊婦だった割には慎重になり過ぎたか?
  • でももし第二子を授かっても同じ検査は受ける
  • 一番恐れていたのは「妊娠が継続できない・リスクあり」と判断されること
    • とりあえず妊娠継続していいことは確定したのでほっとした
  • 妊娠初期のメンタルも体調も不安定な時期にNIPTやらスクリーニングの施設を調べるのはきつい。できるなら妊娠前に施設から何から全部決めておいた方がいい
    • つわりがほぼなかった私ですら結構きつかったです

最後の点に関して言えば、次回の妊娠は認証施設BでNIPT→胎児エコーまでセットで受けようと思っています。次回があるならですが...

 

次回の記事では、気をつけていた(継続中)食生活、あってよかった/なくてよかった妊婦グッズについて書く予定です。

アラサー初マタ生活②〜妊娠初期〜

メグです。

前回、妊娠発覚!まで書きました。

 

evolvedays.net

 

今回は妊娠発覚〜9週頃(いわゆる"9週の壁"ですね)までを綴っていこうと思います。

 

産院の選び方

PMSが酷かった頃、婦人科は通っていたのですが、産科がないのでそこでは出産できず。そのため、里帰りも含めて出産する病院を妊娠発覚前から探していました(のちに友人に苦笑されたアクションその1)。

里帰り元であれば「⚪︎⚪︎ちゃんはあそこで産んだらしいよ〜」などと生の声が聞けるのですが、現在の居住地はあまり知り合いがおらず。見に行けるところは子宮がん検診ついでに見に行きました。

結局里帰りせず、居住地で産院を決定しました。

こだわったこと
  • 個室あり(この時点で大きめの総合病院は除外)
  • 初産から計画無痛可能
  • 総合病院との連携
  • 夜間母子別室
こだわらなかったこと
  • 立ち会い出産

こうして並べてみると「イベント性よりも心身のストレス低減を優先」という形になりました。

個室、計画無痛は親戚の出産を見て心に誓っていたもの。夜間母子別室は、自分の母の出産体験を聞いた時に「いかに出産当日夜眠れないことが辛かったか」を聞いたからです。

立ち会い出産よりもお産に集中することを優先しました。何時間かかるか分からないお産、立ち会ってもらうと変に気を遣ってしまう気がしたので...

選んだ産院は立ち会い出産が禁止です。近年はコロナで立ち会える産院が減っていたので、あまり気にならなかったですね。

 

また、選んだ産院の良かったところは金額の明快さです。

SNSを見ていると「妊婦健診行くたびに手出しが5000円くらいある、謎」という内容を見かけますが、私が通っている産院はweb上に検診の金額を公開しており、自治体の補助券があれば検診と超音波検査は無料です。

採血に関しては補助券が使えないので、加点されてかなり持ち出しがあるという印象でした。検診の補助券に対して、超音波の補助券は結構すぐ無くなります(超音波は検診のうちに入らないのかといつも疑問なのですが...)。

 

6週:産院初診

妊娠発覚後、出産希望の産院を受診しました。

5週に行ってしまうと確定できない、けれど7週程度だと子宮外妊娠の際に困ると思ったので、ちょうど6週で受診。若干周期がずれていたのか、心拍も確認できました。

ちなみにこの頃はひたすらに眠く、体力が劇的に低下したのを感じていました。

 

7週:再度受診・母子手帳発行 コーヒーが飲めなくなる

産院から要請されてもう一度受診。母子手帳のGOサインが出たので、そのまま役所へ発行しに行きました。

自治体によっては母子手帳発行時に面談があるらしいですが、私の居住地では別日に予約を取って面談する形式でした。これは9週ごろに予約しました。

「つわりが来る前に」と思い、その日のうちに検診の補助券の記入欄・母子手帳の記入欄を全埋めしました。やっておいて良かったです。

 

毎朝コーヒーを挽いてドリップしていたのですが、7週になって突然受け付けなくなりました。デカフェもダメだったので、ポリフェノール系がダメになったのかなと思っています。安定期に入ってから飲みたい気持ちは復活しました。

 

8週:不安すぎて職場に報告する

迷ったのが職場報告のタイミングです。

私はつわりが重いタイプだと思い込んでいたので、「きっとつわりが来たら報告せざるを得なくなる。それを待とう」と思っていたのですが、8周後半までつわりが来なかった

※今思い出すと「あれは...」みたいな事案はあったのですが、仕事に差し支えるものはありませんでした

9-10週でつわりのピークを迎える人が多い一方で、かなり遅れてくる人も稀にいるとのこと。「来週あたりから突然吐くのでは...?!」という不安から上司に報告しました。

現在の会社で初めての妊婦だったのですが、リモートや時差出勤を快諾して頂き、6ヶ月ごろから仕事を減らしていこうという話になりました。

もうすぐつわりで働けなくなるかも!という思いから残業したい一方、ひたすらに眠かったので基本的に定時帰宅でした。

 

9週ごろまでは以上のような流れで過ぎていきました。

この後も結局生活に支障の出るようなつわりは来ず、そのまま安定期を迎えます。(次回へ続く)

アラサー初マタ生活①〜妊娠まで〜

メグです。

 

妊娠して安定期に入り暫く経ちましたので、これまでの妊娠生活について書き留めておこうと思います。

自然妊娠・母子共にリスクなしですが、会社初の産休取得者となる予定なのが特殊かなと思います。

まず初回は妊娠までの経緯を...

 

妊娠を意識した時期

正直、学生時代は具体的な妊娠出産のイメージが持てず、「30歳までに一人産めたらな〜」とぼんやり思っていました。その理由は以下の2点。

  • 2人は欲しい高齢出産を避けたい
  • 体力のあるうちに子育てをしたい

具体的に考え始めたのは、新卒で入社して1ヶ月もない頃、直属の上司(女性)との1 on 1で「あなたにとっていつ出産するのが最適なのか考えながら働きなさい」と言われてからです。

あくまでもその上司の個人的意見ですが、産むなら以下の2パターンだよと言われました。

  • 若く産むと、出世は男性より遅くなるけれど部署への迷惑は最低限になる
  • 男性と同じスピードで出世してから産むと、会社としては後任を立てるのに苦労するし復帰の場所も確保されない

入社1ヶ月目でそんなこと言う?!と若干面食らいましたが、あの時あの言葉を頂いておいて良かったなと思います。

キャリアとしては前者の方が巻き返しが効きそうだと思ったこと、そして自分がもともと持っていた体調面でのビジョンも重なり、「28-30歳頃に妊娠するのを目指そう!」という意志が固まりました。

このときは既に夫と付き合っており、何事もなければ結婚するつもりでしたので、パートナーありきで決めたことでした。当時、夫にもこの衝撃1 on 1の話をした気がします。

 

ブライダルチェック・妊活ドック

新卒3年目で結婚しました。同時に転職することになります。

そこで受けたのがいわゆるブライダルチェック・妊活ドックでした。

妊娠前の健康状態
  • PMS持ちのため2年低用量ピル服用
    • 症状は精神面と消化器官の不調。これは妊娠後も悩まされました...
  • 過去に月経不順はなし
  • 子宮頸がん検診は毎年受診、問題なし
検査項目

私が受けた検査は自費診療・当時3万円台で、検査項目は以下の通りでした。

AMHの検査があったため、ピルの服用を一時的に中断して受信しました。

私が一番危惧していたのがAMHでした。この値が低すぎても高すぎても妊娠には影響が出るため、とりあえずキャリアは後回しで不妊治療しなければと思っていました。

結果ほぼ問題なし!

ビタミンD欠乏症のみ指摘されたので、ビタミンサプリを摂取することにしました。

ちなみに夫は詳しい検査を受けていないです。自治体の補助を使い、風疹の抗体検査のみ実施してもらいました。

 

妊娠までに心掛けたこと

検査で分かるような大きな問題はないとわかったあと、私が心掛けたのは以下の2点です。

  • 規則正しい生活・適度な運動で健康を維持すること
  • 転職先で信頼関係を築くこと

1点目は言わずもがな。

2点目については、産休・育休を申請した今、改めて大事だなと思っています。

新卒で入社した会社の退職を決意した理由の一つは「この部署にいては子育てできない」と感じたことでした。会社そのものの子育て制度はバッチリでした。ただし部署の仲があまりよろしくなく、「困ったときはお互い様」と言う雰囲気が微塵もなかったのです。(じゃあ部署移動すればよかったのでは?となりますが、転職話はまた別途書く予定です)

一方、現職は男女問わず子育て世代が多く、子育てを前向きに考えられる環境でした。過去に産休取得者は0でしたが、この環境で信頼を得られれば、出産・子育てと仕事の両立は問題ないだろうと確信しました。

子育てと仕事の両立のしやすさって、制度より信頼関係なのでは?と思ってます。

 

 

そして「仕事はそれなりに任されるけどまだ管理職ではない」というちょうどいい時期に妊娠が発覚しました!

次回は安定期までのあれこれを綴っていこうと思います。

自己紹介


理系技術職夫婦でブログを書きます。

妻:メグ

夫:ジャン

日々の生活を進化させるようなお役立ち情報を備忘録として書こうと思い、”Evolve days”という名前にしました。が、実際は暇つぶしになるかならないかくらいの内容が大半だと思います。気軽に読んでいただければ嬉しいです。

 

プロフィール

■妻

名前:メグ

年齢:30歳くらい

出身:北日本

趣味:芸術鑑賞

   マラソン(5年目)市民ランナー。休止中。

   読書(?年)年間50冊ほど。

特技:実家感がある料理(映えない)

性格:ハキハキしてる

好きな言葉:足るを知るものは富む

好きなもの:ずっしり重ためのチョコレート菓子

嫌いなもの:人混み

欲しいもの:整理整頓能力

経歴:

・小学生
底抜けに自己肯定感が高かった。思い返すとめちゃくちゃ図々しい奴だった。

・中学生
地元の公立中学に進学。人に話すと引かれる程度には荒れていたが、周囲の友達のお陰で巻き込まれずに済んだ。中3から狂ったように勉強。

・高校生
進学校へ進学、引き続き狂ったように勉強。親に心配されていた。

・大学生
国立大へ。サークル活動に励む(もっともっと勉強すればよかった...)。

・大学院生
「研究室には泊まらない」というモットーを守るべく、朝6時半から実験していた。

・社会人
大手メーカー技術職として働いた後、ベンチャー技術職へ転職。

 


■夫

名前:ジャン

年齢:30歳くらい

出身:中部地方

趣味:カメラ(7年目)そろそろ現像を覚えたい

   マラソン(6年目)市民ランナー。実力は中の下

特技:整理整頓

性格:飽きっぽい

好きな言葉:住めば都

好きなもの:甘辛い食べ物

嫌いなもの:日曜の午後

欲しいもの:リズム感、世界観

経歴:

・小学生
周囲に流されてサッカー少年になった。将来の夢は特に無かったので、サッカー選手になりたいという設定にしていた。

・中学生
受験なしで地元の公立中学へ進学。井の中の蛙を楽しむ。

・高校生
二年生の最後くらいから勉強を頑張ったものの、本番での弱さを発揮して大学受験は撃沈。

・大学生
一浪の末に希望の国立大へ。一人暮らし&都会暮らしを楽しむ。

・大学院生
多くの理系学生と同様に、残り少ないモラトリアムの大半を実験に費やす。

・社会人
メーカー技術職として就職。会社の人たちが優秀すぎて眩しい。